湘南国際アフタースクール野比へようこそ♪

 

子どもたちに
『自分で出来る力』を身に付けてもらい
『やればできるんだ!』という
『自信』を持った自分が発見できて
そこから『自立』につなげていける
支援をしていきたい

 

 

 

『~日々、子どもたちへの思い』

 

初めまして。管理責任者の鈴木と申します。よろしくお願いします。

 

 

表題に『~日々、子どもたちへの思い~』など大層なことを書いてしまいましたが
鈴木が、普段どんな風に考えながら子どもたちと接しているのかを少し書かせて頂きます。

 

 

湘南国際アフタースクール野比は指定障害児通所支援事業所で
児童福祉法に基づく放課後等デイサービスを行っています。

 

 

目指している放課後等デイサービスは
障がいのある生徒・児童や、発達に心配のある(療育が必要とされている)小・中・高校生たちが
教室に来たときに毎回、何かしらのことを少しずつ身に付けていってくれて
今よりも少しずつ前向きに進んでいけるようになって
その結果、自分が思っている道に進めるようになったり
社会に出たときに困ることが少しでもなくなって
大っきな苦労をしなくても大丈夫なように手助けをしていける
放課後等デイサービスです。

 

 

湘南国際アフタースクール野比では『自分で出来る力』
身に付けていってもらうために『学習』をメインにして
それに付随している様々なことを身に付けていってもらえるような
療育を行っています。

『学習』の部分に関しては“ほめる” ことを主体として
そこを通して ”やる気を引き出す” こと
を心がけています。

 

 

子どもたちが普段はあまり実感として感じる機会が少なかった
学習に対する「自己肯定感」「集中できる自分」「次の段階にチャレンジ出来るようになる自分」
などを湘南国際アフタースクール野比の教室で思いっきり感じてもらって
『やればできるんだ!』という『自信』を持てる

ようになって(重複してしまいますが)前向きに進んでいけるように、成長していくことができるように
なっていってもらえるような療育を目指しています。

 

 

普段の学習を行っていく上で、多くの学習塾などで使われている教材などを使用しての
学習も検討はしましたが、考えているような成果が上げられる教材が無く

 

 

上記の ”褒める” そして ”やる気を引き出す” ことが出来るものは
「みんなが同じように、勉強したことがきちんと積み重ねていくことができるように
しっかりと系統立ててある」 『公文式学習』を導入しました。

『公文式学習』を導入した詳しい理由はこちらのページです。
(すみません。作成途中です。)

 

 

 

 

指導にあたっては、「子どもたちは~」といった一括りではなく、各々で理解度や進度が違うので
例えばなんですが、「A君は~」「Bさんは~」といったように一人一人に個別に対応しています。
教室にいる先生たちは、学校の先生の資格や、保育士の資格、介護福祉士などの資格を持った方です。

 

 

初めはとっても不安です。
「新しいところに行って友達は出来るのかな?」「先生たちはこわくないのかな?」
「公文のプリントって出来るのかな?」とか、いろんなこといっぱい
自分だけ不安があるんじゃないのかな?なんて感じている子どもたちもいますが
自分一人じゃなくて、最初はみんな不安な気持ちを持っています。

 

 

何事も同じなんですが、『とにかくやってみる!』ことが大切
上手くできなかったり、自分が思っているよりも時間が掛かってしまったり、何度もやり直し!
ってなってしまってもいいんです。
大丈夫なんです!積み重ねが『力』の元なんですから。

 

 

子どもたちは、あまり声に出して主張はしていませんが
気持ちの中では現状のままではなく
『出来るようになってみたい!』
って必ず思っています。
公文の教材をやっていて100点が取れたり、学校の宿題の中で
分からないところが分かったりすると満面の笑顔になってくれていますから。

 

 

 

 

そのためには、「今まで出来なかったことが出来るようになった!」
ということを自分自身で実感できて、表に上手く表現していけなくても
気持ちの中で『出来て嬉しい!』って思える気持ち
『やった分だけ出来るようになっているんだ!』っていう成長している気持ち
を持てるようになってもらいたいんです。

 

 

そんな目の前にいる子どもたちに
少しずつでも『やればできるんだ!』
から『自己肯定感』を感じて
もらって
『自立』っていう言葉に向かっていってもらいたいんです。

 

 

間違えたり失敗して大丈夫です!
やり直しながら、ほんとに少しずつでも前に進んでいければ
取り組んできたことが経験になって『自立』につながっていきます。

 

 

今は保護者の方、学校の先生方など
いろんな周りの人たちの手助けを受けながら日々を過ごしていますが
何年かすると自分の足で立って歩んでいくことになります。

 

 

そんな『自分の足で立っていく』ときのための『力』を付ける手助け
が少しでも出来たら、と思い毎日子どもたちと接しています。

 

 

       ●学習をしていく上では

◆ 教室に入ってきたら「あいさつ」をする
◆ 筆記用具を出して勉強の準備をする
◆ 自分の公文の教材を棚に取りにいく
◆ 学習を始める
◆ 出来たら先生に「お願いします。」と言って丸付けをしてもらう
◆ 間違えたところを直す
◆ もう一度、先生に「お願いします。」と言って丸付けをしてもらう
◆ 記入票に今日、やったことを記入する

 

他にも、靴は揃えておく、英語の発音はなるべく大きな声で、席を立つときはいすを入れる
トイレに行くときは「トイレに行きます。」と先生に言ってから行くなど
教室に入ってきてからいろいろなことをします。

 

 


ただ、公文の教材をやってお終い!っていう訳ではなく
普段の教室での過ごし方がソーシャルスキルトレーニングの一部になっています。

 

 

なかなかいすに座っていられない子も少しの工夫で
座っていられる時間が少しずつ伸びていったり

初めは挨拶などが上手く出来なかった子も
こちらの声かけで挨拶が出来るようになったり

遊びと勉強の区別(けじめ)がなかなか上手く出来なかった子も
「勉強をするときは席に着いてやる!」ということが習慣づけられてきたりなど
いきなり「どっか~~ん!」と驚くような変化は出てきませんが
一歩一歩着実にみんながいい意味で変わってきてくれてます。

 

 

同じ教室の中にいる子どもたちは、小学校の低学年から高校生までいるので
その中での社会性も身に付けていってくれています。
学習を中心に日々を過ごしていますが
この『学習』をしていく中で『集中力』『相手のことを考える気持ち』
『もっと頑張れると思える気持ち』といった向上心など様々な『力』
を自然と付けていってくれていることを実感出来ています。

 

 

このようなことを経験していって
いっぺんにたくさんのことが出来るように・・・ではなくて
日々の積み重ねで少しずつ出来ることが増えていって
ちょっと先のことになりますが
ここで経験したこと、身に付けてくれたことが社会生活への
土台作りになっていって
くれればとても嬉しく思います。

 

 

『継続は力なり』

小さな成功をいっぱい積み重ねていきましょう!

 

 

 

湘南国際アフタースクール野比では、子供たちと教室で一緒に過ごしてくれるスタッフ(先生)を募集しています。人柄を重視させて頂きます^^
必要な資格もありますので、上記の画像をクリックして頂いて詳細をご覧になって下さい。よろしくお願いします。

 

 

湘南国際アフタースクール野比のこといろいろ書いてますのでご覧になっていって下さい♪

 

湘南国際アフタースクール野比のような放課後等デイサービスのことやサービスの内容などのページへいきます。