星槎国際高等学校の宮沢会長の卒業生へ贈る言葉

こんにちは。湘南国際アフタースクール野比の鈴木です。鈴木、アフタースクール野比とは違う場所で通信制高校のサポート校もやってるんです。野比ではなく、三浦市なんですが。その三浦市にあるサポート校の関係で星槎国際高等学校とお付き合いがあり、サポート校の子たちの星槎国際高等学校の卒業式に毎年行くんですが、そのときの宮澤会長の卒業生を送る言葉が印象的なものがいっぱいで、とっても心に残る大切な言葉がたくさん散りばめられているので、いくつもご紹介したい気持ちなんですが、ちょっと無理なので、その中の1つになってしまいますが、ご紹介させて下さい^^

 

星槎グループ宮澤会長 卒業生へ贈ることば『笑顔が生まれるために』

 

今日は嬉しくもあり、また別れもあり、少し淋しく感じる日だね。明日からは新たな環境と新たな出会いが待っている。これからは責任を持つ『意志力』が重要なんだよ。

 

今までは「何とかなる」「心が軽くなる」といった選択を多くの場面でしてきたことだろう。それは、仲間がいて支えられていたから出来たことなんだよね。社会に出れば、そのような思いや行動が通用しなくなることもあるかも知れない。高校を卒業する人は、責任ある選挙権を持ち、高校生になる人は、準社会人として同じように大きな責任が「グリコのおまけ」のように付いてくるんだよ。

 

安易や容易な考えではだめ。考えること・努力すること・行動することは全てに重い責任が生まれる。確かなことは自らが何も努力せず、「こうなったらいいな。」と願うだけでは目標に近づけるはずはないし、自らが成長するわけもないよね。また、「そうならなかったとき」に「何てこった!!」とその不幸を嘆き、また勝手に思い込んじゃう生き物なんだよ。人間ってさ。

 

そして、その理由・原因・責任をすぐに他人にせいにしちゃうんだよな。その選択をしたにのは自分自身だったにも関わらずにに、だよ!

 

君たちには大きな多くの可能性がある!って分かってる?まだ、若いし、時間もあるよな。初めから「むり!」と決めつけるのじゃなく、その目標に向かって出来ることから始めたらどうだろうか。努力も考えることも行動することもせず、失敗を繰り返しちゃいけないんだよ。その失敗の中からの小さな経験の積み重ねがとっても大切なんだよ。そして、その時々の失敗を通した反省が小さな達成感や充実感につながり、また、それを仲間たちと共有することによって成長して今ここにいいる。

 

君たちは星槎で確かに仲間と共感理解を多くしてきただろう。私は君たちに共感理解を持てる人になって欲しいと強く願っているのだ。人は人に喜びを与えることができる生き物である。それは、人間の持って生まれた本能のひとつでもある。私が何より嬉しいのは、自分の行いが人に役に立ち、喜んでもらえたと感じる、その瞬間に他ならない。

 

自分のことしか考えない、自分の損得を優先することしか考えない人になるよりも、どうすれば周りの人々に喜んでもらったり、役に立ったり出来るかを考え、行動する人になってもらいたい。小さな出来ることを懸命に誠実にやることだよ。そうすれば、解り合い、笑顔もきっと多く生まれるんだよ。星槎で学んだ小さな幸せ感を新しい仲間に伝えていって欲しい。

 

私は、知識の量よりも知恵の多さが好きだ。なぜなら、それが心の豊かさに必ず必要だと信じているから。人を傷つければ自分も傷つくってわかっているよな。そういうことを忘れちゃだめだ。その半面、人に喜ばれることを、また喜ぶ心をお互いに持てば、もっともっとより良い社会になるはずだ。

 

星槎での経験を社会で行動力を持って伝えていこう。それが私から君たちへのお願いでもあり、贈る言葉でもある。

卒業おめでとう

宮澤保夫

 

読み終えてみて

鈴木が、星槎国際高等学校の卒業式に参加して、実際にこの『笑顔が生まれるために』を体験したときには、根底はやっぱりしっかりした『思い』が大切なんだな。って、改めて思いました。アフタースクール野比も鈴木の頭の中にある『思い』を具現化できるように頑張っていきます!よろしくお願いします。m(_ _)m

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください